« 2015年6月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月30日 (金)

歩く仲間通信 2015年10月14日

私のメルマガの「歩く仲間通信」の記事を下記に、アーカイブしておきます。

2015年10月14日 メルマガ配信

-------------------------

みなさん、こんにちは。

もう2015年も11月を迎えようとしておりますがいかがお過ごしですか。5月末にご連絡して以来、はや6ヶ月。初夏かと思っていたら、季節はすでに秋です^^?

今年の1月にアジア保健研修所を辞して以来、はや9ヶ月、福祉・介護の分野の仕事にチャレンジしようとして7ヶ月。結局、この半年間は浪人を過ごしたわけですが、おかげさまでいろいろな資格を手にすることができました。(予定を含む)

① 4月: 福祉用具専門相談員

② 8月: 福祉住環境コーディネーター

③ 12月(2次試験を受験予定): インテリアコーディネーター

④ 12月(受験予定): 色彩検定3級

4月末にデイサービスセンターで福祉用具相談員の見習いを辞めたのですが、その仕事の中で福祉用具についての講習(①)を受けたのをきっかけに、それを膨らませてリフォームやバリアフリーの住環境整備のための資格(②)を独学で取得しました。

その後、それらの知識も役立てられ、また以前から関心のあったインテリアの分野も勉強しようと、また就職対策のために雇用保険を受けて、7月半ばから3ヶ月間、インテリアコーディネーター(IC)の専門学校に通っていました。10月11日にICの一次試験を受けて、10月15日に専門学校を修了。

その間、具体的に自分ができること、したいこと、これからの一生をどう生きるのかについて、専門学校の学友や講師の先生など週日毎日、名古屋まで電車で通いながら、いろいろ考えてみました。

結論として、やっぱりどうしても研究職をめざしたく10月15日付けをもって開業届けを税務署に提出してきました。つまり個人事業主として食い扶持を確保しながら、来年4月からの大学院(まずは修士から)への進学を目指します。まずできることとして、9月末から院試のための予備校に名古屋まで通っています。

もうここまできたら、腹をくくるしかありません。

具体的な事業内容は近日中にご案内できるかと思いますが、みなさま、引き続きご指導ご鞭撻をお願いいたします。

さて、(長い)前置きはここまでで、本題は、自主企画のセミナーの特別企画としまして、特別なゲストをお招きします。以下、ご案内です。


※2015年10月14日にフェイスブックにて作成。その後、10月24日にブログ版歩く仲間に掲載すみです。

なお、日常的には、主にフェイスブックグループで発信しておりますので、よろしかったらこちらもご覧ください。


※公開グループで、FBをやっていない方でもどなたでも記事を読むことができます。ただし、グループ参加には私と友達になる必要があります。

フリーになったので、以前に増して、セミナーやイベントに出席するなど大阪や京都、東京にいく際など、いろいろな機会で、みなさまにお会いできることを楽しみにしております。

ではでは^^?

柴田 英知

歩く仲間主任研究員/地域活き生きコーディネーター

E-mail: bxf00517@nifty.com



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月24日 (土)

CRH第4回 フィリピンの社会企業家 中村八千代さんを迎えて

日時: 2015年10月31日    14:30 - 16:30


TEL: 0564-58-8123 (お問い合わせ専用番号)

会費:1,000円(税込) (詳細は下述)
Photo

写真:マニラのユニカセレストラン スタッフと(写真中央が中村八千代さん)
概要:

国境なき子供たちという児童支援のNGOでフィリピンのストリートチルドレンの支援をしていた中村さんは、支援した子供たちのその先を見据えて、マニラで就労支援となる「ユニカセ」という日本食レストランを始めました。なぜ何を考えて最前線を走り続けているのか?

その熱い思いを直接お伺いいたします。

ちなみに、中村さんは、しばやんは2004年3月から2008年6月までマニラに開発コンサルタント会社の駐在員として住んでいたときに、同じ日本人の現地駐在員として一緒に、日本の政府開発援助やNGO活動を勉強した仲間です^^?

講師:

中村八千代さん
ユニカセ・コーポレーション・フィリピン:ジェネラルマネージャー
ユニカセ・ジャパン:理事長

1969年生まれ。大学時代やカナダ留学の際には、マーケティングを専攻。その後、一般酒販店を経営。

2002年から東京で緊急医療援助団体の資金調達担当し、2006年には、子どもの教育支援をしているNGOスタッフとして海外派遣が決まり、フィリピンにおいて子どもたちのケアをしながら、同国での現地資金調達を実現させる。

支援活動を通して、NGOの裨益者であった青少年たちの雇用機会創出の必要性を感じ、2010年にフィリピンで社会的企業“UNIQUEASE(ユニカセ)”を創設し、2015年現在、4名のフィリピン人青少年スタッフとマニラ首都圏のマカティ市でレストランを運営。

タイトル:

国際協力の新しいカタチ:社会的企業ユニカセの実践からの学び

講演内容:

◆フィリピンと日本の類似点・相違点
◆子どもを取り巻く環境や様々な危険にさらされた子どもたちの現状
◆NGOの元裨益者たちの自立への挑戦と奮闘(ケーススタディー)
◆社会的企業の役割や責任
◆今後の国際協力・支援のカタチ

Q&Aおよびフリートークの時間も設けます。直接、いろいろなことを質問できます。

会場:

隠れ家 ダイニングバー、カフェ、居酒屋
TEL: 0564-58-8123 (お問い合わせ専用番号)
住所: 愛知県岡崎市美合町字生田301 蔵ビル 1F
http://tabelog.com/aichi/A2305/A230502/23042214/dtlrvwlst/6307001/

会費:1,000円(税込)

※ワン・ドリンクつき(追加の飲み物は500円/杯です)。
メニューは、温冷コーヒー紅茶ウーロン茶カフェオレ、コーラにジンジャーエール、アップルオレンジグレープフルーツ、生ビールです。※飲み物の持ち込みは禁止です。

なお、食べ物・おやつの持込可なので、みなさんのお土産持ち込み、大歓迎です!

事前予約:

会場の都合がありますので、可能な限り、前日(10月27日)までに、FBのイベントページもしくは、柴田までご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年11月 »