« 2014年12月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月30日 (土)

『開発民俗学への途 学習編』のHPが熱い!

みなさん、こんばんわ!

最近、こちらのブログへの更新を頻繁に行なっています。ぜひ、お気軽におたちよりください。



論文以前のアイデアメモ。アトランダムに気がついたときに書いています。


文化人類学を中心としたキーワードのピックアップ。大学院の入試対策用で、徐々に、小論文として私の理解をまとめていきます。







3~8は基本的なデータベース。逐次、アップデートしていきます。


イノベーション普及論に特化したキーワード集。上記、2の基本用語集とはダブらないようにしていきます。


ではでは^^?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月20日 (水)

しばやんの宿題 【es】忘れられたさむらいエンジニア達の物語

初出:フェイスブック クロスロード・オブ・ハッピネス 2015年5月19日 投稿

しばやんの宿題 【es】忘れられたさむらいエンジニア達の物語

5月1日からフリーなので、起業準備に加えて、部屋の片付け、自分のたな卸しなどを並行して行なっています。今の1週間の流れは、ほぼ4~5日は、外出して、就職発動(起業準備を含む)、歩く仲間の6月からの新しいセミナーの準備、イベントなどへの参加による新しい人との出会い、今までの仲間との関係のもやいなおしなどをしています。

結局、定職についていなくても、やることがいろいろあるし、休みを金曜日と火曜日ときめてはいるのですが、結局、相手の都合もあるので、全然休みではなく、四六時中、なにかかんかを少なくとも考えていなければならないということが、この3週間ほどでわかりました。

まあ、すべて自分のことなので、その分はよいのですが、常に移動中にも、この動きは稼ぎにつながっているかと自問しています。残念ながら、今の時点ではダイレクトに稼ぎになっていないことが大半ですが^^?

さて、仕事とは別に、いろいろ浮気と申しましょうか、いろいろ頼まれもしないのに、自分で勝手に宿題を背負い込んでいるやつでして、先日、開発コンサルタントの話がでたついでに、私のライフワークのひとつ(いくつあるのやら)である、日本の開発コンサルタントのききがたりの集成という事業(プロジェクト)をご紹介しておきます。

もう、2011年からずっ~と塩漬けにしてきたのですが、フリーになったのを機会に、少しずつでも動かしていきたいです。

ご関心のある方は、メッセージをください。ご協力、はげまし、ご批判なんでも結構です。

ではでは^^?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月10日 (日)

CRH 第1回 そもそも歩く仲間とは(開発民俗学の射程)

第1回 そもそも歩く仲間とは(開発民俗学の射程) 

※セミナーの趣旨については、こちらを参照ください

講師: 柴田 英知 歩く仲間 主任研究員/地域活き生きアドバイザー

日時: 2015年6月19日(金)午後7時から8時30分

場所: むらさきかん 第5会議室


参加申込み締切: 2015年6月12日(金)までにメールでお申込みください。

※記載事項: お名前、所属、事務局よりの連絡先(メールもしくは携帯電話など)、講師へのメッセージ(質問や関心のあるところなどご自由に)

講師プロフィール:

1970年愛知県岡崎市生まれ。大阪外国語大学でアラビア語を学び、1992年より16年間、地域開発を専門とする国際開発コンサルタント会社で中近東、アフリカ、東南アジアなど11カ国で政府開発援助(ODA)のプロジェクトに関わる。2004年3月より2008年6月までフィリピンのマニラに駐在。専門は、住民組織、参加型開発、ドナーコーディネーションなど。

コンサルタント業務のかたわら、日本の民俗学者の宮本常一、鶴見良行、鎌田慧などのフィールドワーカーの手法に学び、2003年より開発民俗学を提唱している。
2008年9月より岡崎市に戻りボランティアでまちづくりに関わっている。

主著:われわれの物語を創るために 開発民俗学研究序説 2013


セミナー概要:

講師は政府開発援助の農業灌漑施設など大型インフラ整備プロジェクトに関わるうちに地域開発のあり方について、いわゆる中央部で専門家(エリート)が描くブループリントと現場で実際に生活している普通の人たち(ひらの人)の開発プロジェクトに対するとらえ方の差異に注目するようになりました。

果たしてエリートの描く‘しあわせ’と、ひらの人にとっての‘しあわせ’とは、もしかしたら全く違うものではないのか?いや、表徴は違っても本質的に同じものではないか?
特に先進国といわれる資本主義パラダイムに生きるわれわれは、無意識にせよ、われわれが拠ってたつところの価値観(パラダイム)を、いわゆる開発途上国に押し付けてしまっているのではないか。

それぞれの差異を理解した上で、共に対等に話し合えるプラットフォーム(場)をつくる必要があるのではないか。それを可能にするチェンジエージェント、カタリストという中間に立つ個人・団体の機能と特徴について、明らかにする必要があるのではないか。ということを考えるようになりました。

実は、この分野については、開発コミュニケーションや経営学など、広く「イノベーションの普及」の問題としてエリオット・ロジャースなどによって50年以上の研究実績があります。

その中で、わたしが着目しているのは、チェンジエージェントは1人が二つの世界に狭間に立つのでなく、それぞれの世界に属しつつもはみ出た存在である、それぞれのチェンジエージェント同士がペアになって二つの世界の架け橋となっているのではないかという仮説、「ダブル・チェンジエージェント論」ということを発信しています。
ここでは、開発コミュニケーション全般について(久保田賢一)、場をつくるための技術(野中郁次郎、伊丹敬之など)、それを個人の生き方に展開した「パーソナル・プラットフォーム戦術(平野敦カール)」など、日本での議論を踏まえ、実際の地域づくりに、どう活かしていくことができるのかについて、解説いたします。

参考図書:

久保田賢一 『開発コミュニケーション 地域市民によるグローバルネットワークづくり』 明石書店 1999

野中郁次郎+紺野登 『知識創造の方法論[…ナレッジワーカーの作法…]』 東洋経済新報社 2003

伊丹敬之 『場の論理とマネージメント』東洋経済新報社 2005

平野敦士カール 『半径3mからはじめる収入・キャリア10倍アップの アライアンス「自分成長」戦略』 日本実業出版社 2009

平野敦士カール 『自分をプラットフォーム化する仕事術 パーソナル・プラットフォーム戦略』 ディスカバー携書 072 ディスカバー・トゥエンティワン 2011



関連ウェブ:

しばやんの思索の経緯について、もしお時間があれば^^?

では、会場でお会いできることを楽しみにしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【 クロスロード・オブ・ハッピーネス 世界に学ぶ地域づくりセミナー 6月19日より開講】

初出:フェイスブック イベント 2015年5月10日 掲載 2015年6月25日 現在


みなさん、初めまして!

このセミナーは、歩く仲間(主催:柴田英知)がプロジュースする国内外のむらおこし、まちづくりを考える勉強会です。毎回、国内外の地域で実際に足をつけて活躍している‘仲間’をお招きして、現地事情と実践の知恵をシェアさせていただきます。

主な会場は、愛知県岡崎市の東部市民活動センターむらさきかんの会議室で、毎月1回、第3もしくは第4金曜日の午後7時から8時半に開催します。構成は、参加者の自己紹介、講師のお話 約1時間、質疑応答 約30分を想定しております。

■会場:


〒444-3523 愛知県 岡崎市藤川町字田中19番地
名鉄名古屋本線 藤川駅 徒歩3分


■日程(予定):

第1回 2015年6月19日(金) 午後7時~8時30分

『愛知用水にみる先人の想い(自己紹介にかえて)』  講師 柴田 英知 歩く仲間 主任研究員/地域活き生きアドバイザー

第2回 2015年7月24日(金) 午後7時~8時30分

『人と人をつなぐことによりモノと情報が流れる(開発民俗学の射程)』 講師 柴田 英知 歩く仲間 主任研究員/地域活き生きアドバイザー

第3回 2015年8月21日(金) 午後7時~8時30分

『まちドルによる地域活性化と、その舞台裏(仮題)』 講師 和泉秀明さん 岡崎活性化本部 まちづくり担当、さくらHR学園長

※下記の日程の講師と内容は調整中です。

第4回 2015年9月18日(金) 午後7時~8時30分

第5回 2015年10月23日(金) 午後7時~8時30分

第6回 2015年11月20日(金) 午後7時~8時30分

第7回 2015年12月19日(土) 午後1時30分~4時 

クリスマス&望年会の交流会となります(セミナーはありません)

■参加費

会場・資料代および講師への謝礼として、1人800円(税込)の参加費をいただきます。

■想定される参加者:

大学生、一般の方で講師の発表テーマに関心のある方であれば誰でも!中学生高校生の参加も大歓迎です。

■関連情報のウェブサイト:


フェイスブックグループを運営しております。参加は柴田の友達になることが条件ですが、基本オープンな公開グループなのでお気軽にアクセスください。

ご質問やご不明な点がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

歩く仲間 主任研究員 柴田 英知 (フェイスブックページはこちら

2015年5月10日   2015年6月25日 現在

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年6月 »