« 2013年12月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年1月

2014年1月 1日 (水)

歩く仲間通信 今年もお世話になりました。紅白でお会いしましょう!? 2013年12月31日

みなさん、こんばんは!

いよいよ年の瀬、あと数時間で2013年も終わりですね。紅白歌合戦も始まりました。

改めまして、しばやん@東京・大塚です。

なぜに東京?とお思いかと思いますが、今年の終わりは、品川のグランドプリンス新高輪ホテルで、松田聖子さんのコンサートに参戦です。なんと、松田聖子さんのカウントダウンライブのチケットがたまたま当たってしまったので急遽、上京することになりました。

午後10時30分から開演のカウントダウンライブで、しかも紅白歌合戦の中継が入るそうなので、可能であれば?しばやんをテレビで探してください。

ついでといってはなんですが、2000年に東京は飯田橋で行われたシャプラニールのNGOカレッジの講師・定松さん(現セーブザチルドレン)を囲んで受講生のみなさんと昼食で望年会、そして、先ほどまで同じくコンサートに参加する聖子ちゃんファンの方とプチ・オフ会をしていました。

思えば昨年2012年の夏ごろにたまたまヘイリーさんの「瑠璃色の地球」の英語カバー曲をCDで聴いたのがきっかけで、あれよあれよというまに聖子病の重量患者に。その経緯はこちらに触れているのではぶきますが、この一年、いろいろと紆余曲折もありましたが、結局、一番望ましい方向で年末を迎えることができたことを深く感謝しております。

また至らぬところもあり、気がつかずにご迷惑をおかけしていることと思います。申し訳ありませんでした。


今年は、開発民俗学の提唱10周年の自主ゼミナールを開催したり、本を出版したり、学会発表を2回もしたり、転職をしたり、なんだかんだと一気にことが動いた年でした。


でも、自分はともなく、気をつけるべきは、今の世界状況でしょう。日本も世界も大きな動きがありました。もっと書くべきこともあるはずなのですが、フェイスブックでのつぶやきに終わってしまっているのを、ちょっと残念に思っています。


個人にできることは限られていますが、今、ここでできることを粛々とこなしていきたいです。また心を新たに来年もがんばります。今年は、本当にお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

では、みなさん、よいお年をお迎えください。

ではでは^^?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歩く仲間通信 転職のお知らせ&開発民俗学ブックレットなど 2013年12月7日

みなさん、こんにちは。

もう師走、いよいよ2013年も大詰めのクライマックスですね。世界の風来坊、フリーエージェントのしばやんこと柴田英知です。

初めましての方は、こちらで、ざっと経歴等についてふれていますのでご参考まで!

歩く仲間通信 2013年11月4日号

さて、今回のご案内は、転職のご案内など、豪華3本立てです。

その1: アジア保健研修所に就職しました!

一部の方にはお伝え済みなのですが、11月27日付けで、愛知県は日進市のアジア保健研修所の正職員として新規採用となりました。

本当にお恥ずかしいのですが、1980年よりアジアの地域に密着した保健ワーカーの参加型研修を30年以上、日本とアジア各国でおこなってきたという老舗の公益法人で、今年の8月の始めに正職員の募集がでていたのを横目でみつつ、いろいろボランティアで国際研修の交流会(9月28日)やオープンハウス(10月14日)などのアジアからの研修生を交えた行事にボランティアで参加してみておもしろそうだと思って応募させていただいたのですが、入ってびっくり!

現在の林事務局長をはじめとする優秀なスタッフの方々はさることながら、医師でもある川原啓美先生の熱い思いや歴代のスタッフの方のその後のご活躍を知るにつれて、こんなところに入れていただいていいのかしらんと、あらためて身の引き締まる思いです。

専属のスタッフが8名と小所帯なので、インターンの方やほぼ常勤?のようなボランティアの方々、イベントで開発教育をしていただくセミプロ!のボランティアの方々など、AHIの活動をもう何十年も続けているベテランの先輩方やフレッシュな大学生や大学院生など若手の方々と、日々、楽しく働いています。

職員としてほぼ1週間なのですが、早速、中学生の国内研修の受け入れで参加型研修のワークショップのお手伝いとかしています。

12月3日~5日まで職場体験にきた中学生2年生4名をお世話の一部を受け持ったのですが、終了時の挨拶で、彼らが、口々に「最初はめちゃくちゃ緊張したけど、楽しく仕事ができてよかったです」というのを受けて、「わたしも人から教えてもらった言葉ですが、仕事で楽(らく)はできないけど、楽しくはできる」というのをお伝えしました。これは、彼らにというより自分への戒めですね。

まあ、人生いろいろあると思いますが、元気に楽しく生きていって欲しいものです!

アジア保健研修所

AHIの事務所から ブログ

<アジアのお祭り AHIオープンハウスに参加して> 2013年10月20日 (日)

おっと、長文になってしまってすみませんが、若干、業務連絡を。

その2: 国際開発学会 第24回全国大会 口頭発表が終わりました!

おかげさまで何とか、3回目の口頭発表を終えました。今まで、素人のいわば場外からの乱入?発表だったのですが、さすがにこれからは学界に入れてもらうために少し先行研究をあたってみたのですが、前職のマリングッズの会社を辞めて、人間環境大学の学部の講義を昼間に市民講座で聴講し(7科目)、夜は科目等履修生で日本福祉大学の医療・マネージメント学科の講義(5科目)を受講しながら、論文の内容を検討したのですが、もう知らないことが、どんどんでてきて本当に終止がつかなくなってしまいました!

8月のプランの後で、にわか勉強?をしたものですから論旨が二転三転し、しかもまとまらないという状況でしたが、ほぼ丸2ヶ月、仕事なしで勉強できたことは、とても貴重な経験となりました。昼間の仕事も決まったことなので、夜間大学院で引き続き学究への道を目指します。

学会プログラムなど

※詳しいレジュメ(18頁)を別途、作成しました。希望者の方にはPDFファイルをお送りします。

その3: 開発民俗学への途 ブックレットを印刷しました。

<ついに完成!歩く仲間ブックレット第1弾(非売品)>

2013年11月30日の国際開発学会での口頭発表にあわせて、『われわれの物語を創るために 開発民俗学研究序説』を刊行しました。

なお、ご希望の方には、期間・数量限定で無料で進呈します。原則、先着順で受け付けますが、数に限りがありますので、ご希望に添えない場合があります。あらかじめご了承ください。

※海外に在住の方には、PDFファイルでの提供になります。詳しくはお問い合わせください。

--------------------------------

    開発民俗学ブックレット 申込み用紙

部数に限りがありますので、お一人様1冊で、海外もしくは欠品後に申込みの方につきましてはPDFファイルで提供させていただきます。よろしくご了承ください。

■お名前(※):

■所属など:

■発送方法:国内(冊子の郵送、PDF)、海外(原則PDF)急ぎでなければ留守宅にお届けすることも可能です。

■届け先住所(※):

■連絡先(※): 届け先住所の電話、携帯電話など

■コメント等のブログやメルマガなどへの掲載の可否(※):

         可(実名、ニックネーム、匿名)・非

■ひとこと(※):

※の項目につきましては、できましたら極力、記入いただきますようお願いいたします。

では今後とも、引き続き、ご支援、ご指導を賜りますようよろしくお願いいたします。

ではでは^^?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年9月 »