« 情念は時空を超えて! 開発民俗学講義 『クロスロード・オブ・ハッピネス』…地域研究者が地域開発に出会うとき | トップページ | 修士論文を英語で書きます。 開発コンサルタントとしての宮本常一! »

2013年4月12日 (金)

クロスロード・オブ・ハッピーネス (しあわせがゆきあうところ)開発民俗学連続講義

国際協力・異文化理解・わくわくワークショップ 2013

情念は時空を超えて!地域研究(中世アラブ・イスラーム旅行記)研究者が地域開発に出会ったら!

むかしむかしのこと、獣や人が歩くことによって轍ができ、その轍が多くの仲間によって踏み固められることにより道となり、やがて道と道とがまじわるところ(辻)ができました。そんなところに人々はそれぞれの‘地域’の‘モノ’と‘情報’を持ち寄り、お互いが持っていないものを補い合い、様々な‘しあわせ’について情報交換をしました。争いもあればロマンスが生まれたかもしれません。 天下の、もとい世界の風来坊を目指す?しばやんこと柴田英知が、国際開発コンサルタントとして歩いてきた‘途’を紹介します。

当初、AコースとBコースを、毎月やるという無茶なスケジュールを立てていましたが、吟味して統合してひとつにまとめました。 全部で、6回となります。それぞれ独立して楽しめると思いますのでお気軽に参加ください。参加費は、300円(資料代など)となります。直接、会場にお越しください。各回、午前10時から12時まで、有志のかたによるランチミーティングも予定しています。ぜひ、会場でお会いしましょう!

<Aコース>

歩きながら考える‘世界’と‘開発’・・・開発民俗学の視点から世界をみると!
愛知県 岡崎市東部地域交流センター むらさきかん 第5会議室

<Bコース>

しばやんの世界のまちかどから・・・開発コンサルタントが歩いた世界の今!
愛知県 岡崎市図書館交流プラザ岡崎市立中央図書館(りぶら) 201もしくは301会議室

<時間> 午前10時から12時まで。セミナー終了後に有志によるランチ懇親会も予定しています。 各回300円(会場費、お茶菓子、資料代を含む)

第1回 4月21日(日)むらさきかん 国際開発のプロフェッショナル・開発コンサルタントと地域開発

第2回 4月28日(日)りぶら 開発コンサルタント・しばやんの世界あっちこっちめぐり(エジプト、イラン、ブルキナファソなど)

第3回 6月2日(日) りぶら 紛争地域と開発援助・・・エリトリアと東ティモール たぶん20世紀最後の独立国アフリカの角のエチオピアの北部にあるエリトリア、たぶん21世紀最初の独立国 インドネシアの東端 東ティモールでの国家建設のプロジェクトについて語ります。

※当初、5月26日(日)でしたが事情により日程を変更しました。

第4回 7月21日(日)むらさきかん 国際開発学会春季大会の口頭発表内容についての報告 開発援助実践の現場で‘第三舞台’の創造は可能か?…参加型開発を超えて!

第5回 7月27日(土) りぶら 地域総合開発プロジェクトのあり方について フィリピン・ミンダナオ島における円借款事業とプロジェクト形成調査について現実とあるべき論について語ります。

第6回 特別編 8月25日(日) りぶら 開発コンサルタント人生50年(仮題) 竹内清二さんを迎えて 元三祐コンサルタンツのしばやんの人生の大先輩に、日本のODAの黎明期から実際に携わったプロジェクトの数々を伺います。 

なお対象は、海外に関心のあるみなさん全てですが、特に仕事として開発に取り組みたい大学生、大学院生、まちづくりに関心のある方にも参考になる講座内容となっております。 ひろく拡散してください。 ではでは^^?

|

« 情念は時空を超えて! 開発民俗学講義 『クロスロード・オブ・ハッピネス』…地域研究者が地域開発に出会うとき | トップページ | 修士論文を英語で書きます。 開発コンサルタントとしての宮本常一! »

クロスロード・オブ・ハッピネス 地域づくりセミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101961/57160026

この記事へのトラックバック一覧です: クロスロード・オブ・ハッピーネス (しあわせがゆきあうところ)開発民俗学連続講義:

« 情念は時空を超えて! 開発民俗学講義 『クロスロード・オブ・ハッピネス』…地域研究者が地域開発に出会うとき | トップページ | 修士論文を英語で書きます。 開発コンサルタントとしての宮本常一! »