« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月27日 (日)

国際開発学会大会終わりました^^? アラビア語学科卒の仲間にあいました(雑感)

初出: mixi日記 2011年11月27日
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1799389072&owner_id=11744733

しばやん@ホームです。無事、学会の発表が終わりました。そして、新しい歩く仲間との出会いがありました。このようなチャンスに巡りあえたことに深く感謝。感動のあまりいうこともないのですが、とりあえず1点、報告を^^?

その1. 45分の一の希少性? 外大生との邂逅。

私は1988年に大阪外国語大学外国語学部アラビア・アフリカ語学科アラビア語専攻に入学して、1992年に卒業しているのですが、今回、初めてたまたま同期の東京外国語大学のアラビア語卒業の方にお会いしました。実は、東京外語を滑った口としてはなんともいえない感慨がありました。というのは、明らかに彼女とは入試であっているはずだし、なにかが間違えば?同級生だった可能性もあったのです。

大阪外大は、2007年に大阪大学に吸収されてしまったので、今はもう跡形もないのですが、私としては本当に大阪に行ってよかったと思います。

山奥の住宅地のど真ん中にあり学生街も何もなく、ただ墓石階段があるだけ?で「サナトリウム」とかボロクソいわれまくりの箕面キャンパスですが、1学年690名の単科大学で26外国語の学科がタコツボみたいに押し込められたキャンパスで、しかも7割の女子学生の中で、その閉塞感に耐え切れずに週末はヨット部で大阪北郊ヨットハーバーで1年のうち108日合宿していたわけですが、今思うとそれもまた良かったと思えるから不思議です。つまり1年は海にいたので、3年以下(たぶん)しか学校には行っていなかったのですが、いろいろなチャレンジをすることができました。

例えば、スカイメイトの会員となって、機会があれば東京などに勉強に行ったりしたのも、キャンバスの狭さと刺激のなさゆえの結果だと思います。

大学2年生のときの関西大学での日本中東学会の第6回大会のかばん持ちに始まり、3年生のときの東大の東洋文化研究所で行われた「イスラームの都市性研究」の大学生・院生向けの6日間かのサマースクール(合宿)なんだかんだと、東京の研究者(先生や学生)の層の厚さに目を開かされたり、今思えば、よく時間があったなあという生活をしていました。

結果的に、山奥で勉強に集中できたのも事実だし、東京に出たら出たで、きっと刺激が多すぎて、自分は流されてしまって結局、何も出来なかったかもしれないし、そんなことが走馬灯のように頭を巡りました。

ともあれ、当時、東京外語は20名の定員だったので、大阪外大とあわせて日本で合計わずか45名、実はうち3名が今までになくなっているので、42名しか同期生は存在しません。実は、大阪外大にしかない、ビルマ語が15名定員だったので、それほど極端ではないですが、国連公用語にしては、わずか42名がプロパーだったのが、20年前の日本の学問状況だったわけです。変な話ですが、東大や京大に入るのよりも狭き門なのかもしれません(勝手な妄想!)

だからといって何も背負っているわけではありませんが、今思い返してみると、大阪外大は英国におけるロンドン大学(連合)の中のSOAS(スクール・オブ・オリエント・アンド・アジア・スタディーズ)とでもいうべき存在であったのではないかと思います。つまり(英国帝国主義時代の植民地時代の)地域研究のメッカの日本版であったのではないかと^^?実は、東京外語は幕府の翻訳所が母体なので、最初から東大の一部になったり、欧米6ヶ国語が始まりの官製通訳・翻訳所で、かなり政策的にも使われていますが、かたや大阪外大は、神戸の貿易商のおばちゃんが商業の為につくった私立の学校を国が買い上げたという経緯があり、もともとアジアの言葉が中心でした。貿易港の神戸や商人の町大阪、公家の町京都の京阪神文化の中の、大阪外国語大学は官学というよりも商人のための専門学校で、商社、メーカーに就職が強いというのは、そもそも当たり前という歴史・地理的なキャラクターを持っています。

研究者や官庁や政治に近いのは東京外語で、商業に強いのは大阪外大というのは、あながち嘘ではありません。

ともあれ、学生は4年の在学期間中に言語を習得して、さらにそれを元に゜何か’を学ぶつもりが、実際には1年から4年生まで言語の習得(だけ)に追われてしまうのが実状なのですが、実は先生は、その言語を自由の操れるそれこそ言語学だけではなく、社会学、地理学、文学、法学などさまざまなディスプリンの専門家(達人)がそれこそごろごろいらっしゃいました。社会学とか‘学’のディスプリンの部分が、先生個人についているので、ディスプリンそのものを学ぶことは難しいのですが、先生達は、そのディスプリンを使った最先端の専門研究 を学生への語学指導と並行しておこなっていました。これは、実は、すごいことなのです。地域の言葉ができてディスプリンもあるということは^^?

つまり、地域研究において(現地の)言葉ができることが必須です。実は、それほどスゴイ先生が多く在籍していたのにも関わらず、学生たちは語学科という‘タコツボ’にハマってよその学部の学生や先生とほとんど触れ合うことなく4年を終え卒業していくのでした。

大阪外大は、のちに世界言語文化研究センターを持ちますが、大学院併設ではなく、大阪大学と合併することによって、言葉のできる地域研究者の密度が薄くなってしまったと聞きます。つまり一部のディスプリン以外の先生は、阪大の既存の学部の生徒を見ることになってしまったのです。

ともあれ、そんな希少価値の学部の姉妹校!の同期生に会えただけでも、今回はよかったなあと思いました。

彼女もアラビア語というより別のディスプリン(政治学)を身につけてアフリカ研究を続けているわけですが、私は結局、ディスプリンを持たずに今まで流されて?きてしまいました。

いや逆に言えば、マルチディスプリン環境下で育ったので、あえて一つに絞る必要を感じなかったのかも知れません。社会学や人類学や法律学を元に地域研究をやるのではなく、いきなり地域研究者のアリーナにいたことが、こだわりなく、どんなディスプリンでも偏見なく?受け入れ使ってみよう、いいとこ取りしようというという、今の日和見な学問態度につながっているのかもしれません。

ともあれ、アラブやイスラームの地域研究に理解があって、開発援助の実務経験もある人は、実はあまりいません。いや一回り上に、両方の学会で活躍しているアジア経済研究所の佐藤寛先生がいらっしゃるわけですが、たぶん佐藤先生もイスラームの知識や経験(イエメンの研究)があったこそ、2000年以降の独創的な研究をすることができたのであろうと、私は勝手に思っています。つまり中東研究者は、独特というか一筋縄ではいかないユニークな方が多いということです。(たぶん、他の学会は知りませんが^^?)

私は、やはり佐藤寛先生の後を受けて、地域研究(Area Study)と地域開発(Rural Development)の両方の実践のできる研究者を目指したいと思います。さいわい、私はそれができる基礎教育を受けて、かつ実務経験(開発コンサルタント16年)を持つという一番おいしいポジションにいます。実は^^?

ともあれ、その佐藤寛先生が、第8代の学会の会長になられて、開発学会の研究者の世代交代みたいなものを、今回、強く感じました^^?

いろいろ、他にも触れたい話題が一杯あるのですが、とりあえず今日の報告はここまで。

ではでは^^?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

国際開発学会第22回秋季大会 いよいよです^^?

開催日時 2011年11月26日(土)~27日(日)
開催場所 愛知県(名古屋大学大学院,国際開発研究科(名古屋市千種区不老町)

みなさん、こんにちは。

しばやん@開発民俗学です。

さて、いよいよ今週末となりました学会ですが、なんと発表の要旨の論文集が印刷物ではなくUSBで配布ということで、期間限定で学会のHPでも閲覧できるようになっています。

http://www.gsid.nagoya-u.ac.jp/fujikawa/jasid22/jasid22program.htm

↑こちらがプログラムへのリンクです。さて、わたしの発表はどこにあるでしょうか^^?

以下、ご案内。

--------------------------

国際開発学会第22回秋季大会のご案内

学会HPより: http://www.jasid.org/wp/conference.html

-------------------

Ⅰ 開催概要

1 開催日:2011年11月26日(土),27日(日)

2 場所:名古屋大学大学院,国際開発研究科(名古屋市千種区不老町)

3 共通論題シンポジウム

「グローバリゼーション下で多様化する開発目的:アジアの視点,アフリカの視点,我が国の視点(仮題)」

グローバリゼーションが変節を迎える中で多様な開発目的の議論,開発と幸福論が生まれている事を踏まえ,世界各地より個性的な開発の取り組みを行っている当事者の方々をお迎えして公開討論を行う予定です.

Ⅲ 参加登録について

参加の事前登録をされなかった場合でも,当日の申込で参加いただけます.大会会場にて9:00より受付けいたします.参加費等は下記の通りです.締切日以降の振り込みは,当日支払の金額になりますのでご注意ください.

【 大会参加費 】

正会員 3,000円(当日支払:4,000円)
学生会員  2,000円(当日支払:3,000円)
非会員 当日支払のみ:5,000円

【 日曜日の弁当代 】
希望者 1,000円(当日の受付は致しません.)

【 懇親会費 】
正会員 4,000円(当日支払:5,000円)
学生会員  3,000円(当日支払:4,000円)
非会員 当日支払のみ:5,000円

Ⅳ 問い合わせ先

国際開発学会第22回全国大会実行委員会 藤川清史(事務局長)

大会実行委員会メール jasid22 ”at” gsid.nagoya-u.ac.jp

-------------------------------
しばやんの補足:

国際開発学会のHPはこちらです。

http://www.jasid.org/wp/

また、大会は会員でないかたが参加できる大きなチャンスです。推薦人2名で学会に入ることができますので、大会にでて学会員の先生や友人に推薦してもらえば、その場で学会に入会申し込みができます。

ぜひ、ご活用を。

ではでは^^?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

ダブル・チェンジ・エージェント論を引っ下げて学会に臨みます^^?

mixiで、開発民俗学-地域共生の技法-というコミュを持っているのですが、そこでのある方の書き込みに答えていて、思わずひらめきました。

‘ダブル’チェンジ・エージェント論、新?発見と思うのは、私の錯覚で、もう研究者や実務者の間では常識なのかもしれませんが、ご参考までに、下記にご紹介します。

初出: トピック: 地域開発におけるよそ者の役割 -国際開発学会口頭発表原稿‐ @ mixi開発民俗学-地域共生の技法- 書き込み 26~28

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=65516943&comm_id=2498370

Aさんの書き込みに答えます。

「ところで開発学がこの概念を語る文脈ですが、依然として"開発する側"、つまりこちら側の主体、あるいは現地の特殊な身分の人(リーダー)がまず"チェンジ・エージェント"として開発のキーパーソンになると論じる文脈が多いというのは残念です。チェンジ・エージェントがひとつの魅力的な生き方であるとすれば、"開発される側"つまりあちら側の主体がまずチェンジ・エージェントとなり得る可能性をこそ、開発プロジェクトは模索すべきだと思うからです。

開発する側、現地に入って関わりを持っていく側の人間の論理として、チェンジ・エージェント論の示す道というのは、魅力的だと思います。ただ、それだけにとどまってほしくないというのが私の意見です。

社会の内部か外部か/よそ者か住民か/異質か同質か…という二元論的発想はあまり好きではない、と言ったのは、強いて言えばこういう理由からです。」

かなり長く引用しましたが、非常に重要なポイントだと思いますので、あえて全文を始めに載せさせていただきました。

私は、まず「“開発される側”の主体がチェンジ・エージェントとなりうる可能性を(中略)模索する」というくだりに引っかかりました。

まず、便宜上にも現実的にも「開発する側/開発される側」は存在しておりますが、そもそも開発民俗学では、それ(我彼)を乗り越えたところで‘われわれの物語’を創ることに重きを置いています。(それが現実にできるかどうか、我々の壁を実際に乗り越えられるかは別として)

つまり、チェンジする主体は、私(開発する側)であり、あなた(開発される側)の双方向のイントラクティブな協働であり、それを現実に可能にするのが、フィールドワークでありファシリテーションであると考えます。まず、私とあなたの間で共有できる‘場’を創ることがファーストステップ。次のステップが、創造された‘場’におけるグループダイナミクスによる物語の発現です。

当然、物語はハッピーエンドばかりではありません。ただし、その物語を共に紡いだ者としての、私とあなたの責任感は残ります。はい、(時間が来たので)さようならという一過性のつながりではなくて、それぞれの人生をかけた‘一期一会’の火花の散る‘(その限りの)セッション’であり‘(メイク)ドラマ’そのものであると、私は思います。

以上をふまえて話を戻すと、私は、‘チェンジエージェント’であることを私(開発側)とあなた(開発される側)の両方に求めています。

それを可能にするために必要なのが、自分の中の‘他者’性を自覚することが必要であるということです。

ここで私が言っている‘他者’性とは、自分でありながら自分ではない‘モノ’をペルソナ(仮面)としてかぶる、もっというと‘他者を演じる’という意図的な(自覚された)意志の働きです。

私は、開発コンサルタントというペルソナをかぶることにより、いろいろな意味で‘フリー’になることができました。

私自身は、‘小さな’人間なのですが、開発コンサルタント(会社)の社員であるという‘タイトル(肩書き)’が、どんな場面においてもオールマイティな切り札となったのです。

つまり、自分が何であれ、人はその‘タイトル’を見て、その人の属性を判断します。人間や人物本意といいつつも、実はその人の性格とか本質を(特に短期間では)見ることができずに、外見の印象や社会的な属性(タイトル)だけで、その人物を判断してしまっているのです。これがいいとも悪いともいいません。

ただ、まぬかれざる外部者(開発コンサルタントや(人類)学者)が、まったく接点のない世界で働かざるを得ない(研究も仕事のうち!)場合には、その外部者である(外面的な)立場をなんらかの形で示さなければならない。それは、なるべく現地の人にわかりやすくというのが鉄則です。

それが、‘立場’や‘タイトル’を演じるということです。

個人的にはできないとか言いたくないというもろもろの問題は、とにかくおいておいて、相手側が期待する言動をする。これは、個人的にはかなり葛藤のあることかもしれませんが、一つの処世術でもあります。私は、正直言って、このような裏表ある生き方は好みません。しかしながら、立場上、嫌でもそれをやらざるを得ないことはありましたし、誰もが必ずどこかで出くわすであろう普遍的な問題であると思います。

そこで私は考えました。自分だけが‘考えて’‘嫌な役回り’をする必要はないのではないか?と。

つまり、演劇のようにある程度の‘シナリオ’を書き、それぞれの‘立場’をうまく使えば、私もあなたも納得できる‘物語’ができるのでないかと。

ここでの問題が、誰が‘シナリオ’を書くかというということです。

この狂言回しをするのが、私でありあなたである‘チェンジエージェント’であると私は思います。チェンジエージェントは、内部者と外部者という両義性(両面性)を持っています。それをあなたと私の間で、うまく役割分担して、自分の‘他人’をあなたに、あなたの中の‘他人’を私が演じれば、チェンジエージェント間での補完といいましょうか、エールの交換がありうるわけです。

このエールの交換のためには、開発側だけではだめで、開発される側のチェンジエージェントが必要なのではないか。

そんなことを私は漠然と考えています。というか、書いていて、ひらめきました。

チェンジエージェントが両方の側をうまく説得すれば、確かに話は早いし、たぶん、この3人のマリアの物語も、その実例であるのかもしれません。

現実には、開発‘する’側も開発‘される’側も、それぞれのインタレストで動いています。しかし、結果としてWIN-WIN関係が成立つのは、チェンジエージェント間での他者の役割の押し付け合いというか交換をうまくやっているからなのです。

つまり自分の中の‘他者’が必要としているが、現実には自分ではできないことを(自分ではない現実の)他者にやってもらう。その役割交換がうまくできれば、それぞれの自分の中の‘他者’を満足させることができる。

こんな、‘対’になるチェンジエージェント論、結構おもしろいのかもしれません。

ではでは^^?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

りぶらまつり2011(11月12~13日)のセミナー企画で伝えたいこと

初出: フェイスブック 2011年11月6日

http://www.facebook.com/arukunakama?sk=notes#!/note.php?note_id=302955856398427

について、参加者向けにまとめてみました。 参考までに転載いたします。

実は、もう10年来、ずっと言ってきていることなので、歩く仲間のHPやブログをみれば、似たようなことばかり書いてあるのですが、まあご参考まで^^?

あと、こちらのページもご参照ください。「開発民俗学への途」の中にはまだ位置づけられない思索の断片(エッセイ)を載せています。かなり過激なことも書いてあります。正直言って^^?

■ 歩きながら考える・・・‘世界’と‘開発’

http://homepage1.nifty.com/arukunakama/n000.htm

-----------------------------------

ちょっと原点にもどって、再度、内容を説明させていただきます。

今回のワークショップを企画するにあたって、私は、岡崎市民として何ができるのか、われわれ(プレゼン側)が、岡崎から‘世界’に出たことによって、何を学んできたのか、そして岡崎市民の住む‘この世界’と、テレビ越しにみる‘世界’となにがどう違うのか、ということについて、語ってみようと思いました。

ところで、‘世界’といっても、非常に広いもので、それこそ、欧米の先進国の大都市こそが世界だという人もいれば、ヒマラヤやオーストラリア、アフリカなどの大自然をとっさに思い浮かべるひともいるでしょう。

昨今では、テレビでも海外取材番組が増えて、芸能人がなにげに海外ロケをこなしています。

ただ、気をつけなくてはならないのは、特に切り取られた‘映像’は、それを切り取った‘側’の意図や思惑があり、世界の全てをテレビカメラが映しているわけではなく、とれを撮った側の‘主観’によってつくられた‘物語(ストーリー)’のための映像なのです。

あと、普通の市民もなにげに海外旅行に行く世の中になりました。熟年シニア世代もリタイアした第2の人生として、なんども何箇所も海外旅行を楽しんでいる方々もこの岡崎にも大勢いらっしゃいます。

私は、開発や援助の対象となるような‘開発途上国’の姿が、テレビがよくとりあげる先進国や途上国でも一部の観光リゾートと同じとも違うとも思いません。

しかし、なぜメディアはアジアやアフリカをとりあげる時に、ことさら悲惨な貧困や紛争などばかりをとり上げるのでしょうか。

答えは単純です。それらの衝撃的な映像やお涙ちょうだいの‘物語’のほうが、人々の関心を引きやすいし、なによりも商業的に儲かるからなのです。

全てのテレビ映像が、そんな単純な金儲けだけの意図でつくられているわけではないことは、重々承知の上ですし、それもまた‘一つの真実’であることは認めます。

でも、というかだからこそ、私は、そんな‘ニュース’になるような特殊な真実ではなくて、普通の‘平の人’(by片倉もとこ先生)の普通の‘日常’や‘気持ち’について、ちょっと具体的に語ってみたいのです。

結論は、一つです。

‘途上国も先進国もない。確かに、自然環境や住生活環境、特に社会基盤の整備状況などの違いはありますが、住んでいるのは‘平の人’であり、われもかれも同じ人間じゃないか。

ことさらに構えることもなく、普通に‘人として’向き合えばよいのであって、先進国のセレブをうらやむこともないし、途上国の‘貧しい’人たちを哀れんだりましてや蔑む必要も理由も全くない。

そして、もし‘彼ら’と何らかのかかわりを持ったのであれば、我彼の線引きをして、‘絶対安全圏’に自分を置いたまま‘ガラス越し’に何かをするのではなくて、一緒に、われわれの‘物語’を紡いでみたらどうなのかな?

一緒に、何が‘われわれ’にとって‘幸せ’なのかを考えて行動してみたら、何かが生まれて始まるのではないか。

そんなことを私は、考えています。世界平和や平等とか大きな‘ビッグワード’を語るのではなく、もっと‘ささやか’で、かつ‘自分たち’ができる範囲での、‘小さな一歩’でよいのではないか。

私はパネルディスカッションのタイトルの中で、「チェンジ・‘ア’・ワールド」という言葉を使いましたが、‘世界’そのものを変えるのではなく、自分の半径3m以内のところから、まずは自分のちいさな、ささやかな世界(ワールド)から変えていく、見つめなおしてみるほうが、遠回りのようでみえて、実は、一番確実に、‘世界’を変えていくことになる。

なぜなら、そのようなことを考えているのは、‘私’だけではないから^^?

You may say, I am just a dreamer. But I'm not the only one.

I hope someday you'll  join us.

And the world will be as one.

Imagine, John Lennon, 1971

と、かの元ビートルズのジョンレノンさんも言っています。私は、個人的には最後の一節に、異論がありますが^^?

ともあれ、私は、こんなことをつらつら考えて、この20年間世界を歩いてきました。

あと思うのは、世界の問題も日本で起きている問題も、実は、全く一緒。そしてその解決方法もたぶん、同じような‘方法論’が使えるのではないか。それを模索中であるわけですが、私は、その方法論を、「開発民俗学」というものとして体系づけられないかということで、勝手に2003年ごろから提唱しています。

■ 開発民俗学への途 (第1部) 2000年~2008年

http://homepage1.nifty.com/arukunakama/r0000.htm

■ 開発民俗学への途 (第2部) 2011年~ 進行中。

http://arukunakama.cocolog-nifty.com/blog/2/index.html

あと、関連でみていただきたいのが、次の論考です。

■ “半径三メートルの実感”((c)妹尾河童)・・・自分の感性を信じること(椎名誠『インドでわしも考えた』を読んで)

http://homepage1.nifty.com/arukunakama/n00015.htm

■ 2001年あるいは、21世紀の始まりに想うこと (あたりまえの時代もしくは本物(ライブ)の時代の到来)

http://homepage1.nifty.com/arukunakama/n00016.htm

ともあれ、伝えたいメッセージの胆は、「歩きながら考える」 おっと、結局、歩く仲間のテーマに戻ってしまいました。

私の歩く仲間構想の始まりは、こちらです。

■ 私的かつちょっと長い前書き(“歩く仲間”構想とは) 2000年3月18日

http://homepage1.nifty.com/arukunakama/n0000.htm

つまり振り出しに戻ったということですね。

お後がよろしいようで。

ではでは^^?

柴田 英知

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »