« 今、改めて日本の平和を考える・・・ セプテンバー11から10年に思うこと | トップページ | 誰のための‘場’なのか? <その1> »

2011年9月17日 (土)

その先にあるもの! <しばやんの棚卸し>

初出: mixi日記 2011年9月17日

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1775712284&owner_id=11744733

ということを、ちょっと考えてみる。

今まで、しばやんの棚卸しということで、振り返りをいろいろ書き連ねてみたが、さて過去から現在、そしてその先は?というところで、ちょっと一休み。

でもまあ、夢はどうせ夢(byがばいばあちゃん)なのだから、適当に書いてみよう。

1. 素敵なパートナーと結婚(できれば1年以内)、子供にも恵まれる。

2. 社会企業家(まあ、この言葉がどれほどこなれているのかわかりませんが)

3. 大学や自主大学でセミナーや講演をこなしながら、東西南北・世界ツアー(日本ツアーもいいけど、まあ夢なので)

4. たまり場を作る。機能として、研究所(図書室)、集会室、ミニシアター兼ステージ。軽食スペース、書籍販売スペース、フリートレードスペース。できれば、3階建てかな? 1F:軽食スペース、ミニステージ、買い物スペース、インターネットスペース、2F: 会議室、図書室、研究所、3F: 大会議室 保留:宿泊施設(泊りがけで研修ができるように?)、そんなんいるかと思うけど、飲み会もできれば便利じゃないかなあ^^?

5. マルチタレントになる。バラドルではないが、生業は、いろいろあってもいい。書籍の印税、講演・セミナー代、コンサルティング代、店舗の儲け(あまり期待できないが)、オリジナルグッズの販売。基本的には、他人のふんどしで相撲を取ることはやめよう。(アフェリエイトとか大嫌い。人の思惑に振り回されたくない)スポンサーがつくといろいろ言いたいこともいえなくなるので、自分で稼ぐことを主にすること。

<やってみたいプロジェクト>

1. 大学の教員。院生の指導よりかは短大や大学の一般教養レベルでもいいかもしれない。広く教えるのはタイヘンだろうが、そのほうが可能性がある。中学生や高校生への出張セミナーも悪くない。(山田満知子コーチがバンビの養成にこだわるように本当は小さい子供の頃から、気づきのきっかけを与えたいが、まあ内容的には中学生以上からか)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E6%BA%80%E7%9F%A5%E5%AD%90

2. 世界のカタリストの支援というか、国内内外のまちづくりの達人たちとコラボレートする。全ては無理なので、得意な分野で、個人や団体間のマッチングとコーチング。スタンスは、基本的にはアドバイザー、がんばる仲間を側面支援する。自分は、風の人で、仲間の間を行ったり来たりする。まあ、一つか二つは自分のプロジェクトがあってもいいが、自分だけでがんばらない。タネを蒔くが育てるのは、誰がやってもいい。

3. 海外駐在: まあ可能性は3つ。役人をやるかプロジェクトで入るか。アメリカとか先進国の最先端でルールやトレンドを作るか、復興支援で陣頭指揮をとるか。もしくは研究留学とかで、じっくりとアジアやアフリカに向き合うのか。あまり自分が自分がと出しゃばるのは好きではない(出たがりではあるが)ので、さりげなく、実際に最前線で働いている有能な人に情報(人、モノ全て)を与えて、よりよい考え方や行動ができるような土壌づくりをするのがいいかな。裏返せば、矢面に立つのがめんどくさいというところもある。黒子ではあるが、さりげなく自己主張するとか^^?

まあ、個人の能力は限られているので、いかにそれぞれが生まれ持ったタレントを最大限に発揮できるのか、場を作って、協同する(させる)ことによってグループダイナミクスで、なにか新しいもの(モノ、価値観)を創っていく。

そんな仕事がしたいなあと思いました。

一人ではたどり着けない、その先の世界に!

ではでは^^?

|

« 今、改めて日本の平和を考える・・・ セプテンバー11から10年に思うこと | トップページ | 誰のための‘場’なのか? <その1> »

近況報告いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101961/52752221

この記事へのトラックバック一覧です: その先にあるもの! <しばやんの棚卸し>:

« 今、改めて日本の平和を考える・・・ セプテンバー11から10年に思うこと | トップページ | 誰のための‘場’なのか? <その1> »