« しばやんの棚卸し(その3) デスティニー(Destiny)ってか^^? | トップページ | ビジネス講座 「グローバルコミュニケーションと日本人~英語を母語とする人・しない人」 »

2011年6月 8日 (水)

‘雲の上の人’になりたい!のかな? クラウド(コンピューティング)の可能性

初出: mixi開発民俗学-地域共生の技法-  2011年6月8日

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=62907106&comment_count=2&comm_id=2498370

というトビをたててみました。

いつものごとく、しばやんの気まぐれではあるのですが、この自分のまわり、このわずか1ヶ月間の間に起こったTwitterとfacebookという‘嵐’?の激しさと、このわけのわからなさに、翻弄されつつも楽しんでいる自分を振り返り、ままよ、これは実は大変な地殻変動というか天地がひっくり返るような、そういわばパラダイムシフトの渦中にいるのではないかと、クラウドについて考えてみるトピックです。

実はしばやんは元マッキントッシュのエバンジェリスト(伝道師)でもあったのでした。そんなしばやんと電子世界との馴れ初めなどにも触れてみたいと思います。

Macis_4

Facebooktori_3

Android_3

その1  2011年6月8日

そもそも、クラウド(コンピューティング:ただし以後は、クラウドと略します)と、‘開発民俗学’と関係があるのか?というツッコミが入りそうですが、まじめに大いにあります。

最近、私は‘ハイブリッド’という言葉が頭にリフレインしています。そう‘プリウス(トヨタ)’や‘インサイト(ホンダ)’のハイブリッド(車)のことが、すぐ頭に浮かぶと思いますが、そもそもの英語の名詞としての語義は、雑種とか交配種、合成物、混成物という意味があります。

つまり、今、生きている人間って、そもそも‘混成物’ではないか?という疑問というか意識なのです。

東西交渉史を紐解くまでもなく、人とモノの伝播については現在の我々では想像もできないほどの多くの年月をかけて地球上を多くの人たちが動き回り、モノや情報、いいもの悪いものを運びまくりました。

地球の裏側や全然想像もつかないところに同じ風俗や風習、モノや考え方など有形無形なモノの伝播をみると日本人単一民族説なんて、ちゃんちゃらおかしくて地球の孤島や辺境地の端っこ?に住んでいる人ですら他の地域や人と交流があったのであって、日本人なんかいろいろな民族の人たちの混合でしかないと思えてならないのです。

いや、ハイブリッドであったからこそ、人類はその生を今までつないで来れたともいえます。

つまり、多くの異人達が地上・海上(20世紀以降は空の上も)を行き交ったのです。

海外の現場を歩いてみると、驚くほど似てたり思ったより似てなかったり、それぞれの土地や地域にいろいろな人やモノがあります。

思えば、人間が地球を一周するのは、ホンの1000年前はほとんど不可能でした。世界一周を試みた(記録が残っている)大航海時代は、わずか500~600年前でしかありません。しかし、今では、ホンの数日もかけずに飛行機で地球を一周することもできるし、個人の冒険野郎(別に女性でもいいのですが)普通の人が地球を一周することができます。近くは、間寛平ちゃん(さん)のアースマラソンが記憶に新しいところですが、私だってあなただって、その気になれば地球一周は可能な世の中になったのです。

そんな20世紀を経て、21世紀になって出てきたのが、クラウドという世界。すでに人類は時間と距離を一瞬にして乗り越えることができる‘世紀’に突入したわけです。

ここで言いたいのは、開発民俗学が対象とする人もモノも地域も、そのクラウド時代の考え方、もうパラダイムといったほうがいいと思いますが、その新しい考えた方を持った若い世代の力が増そうとするときにそれを無視することはできないのが一つ、あと開発途上国だからといって、旧態依然の‘古い’モノばかりを使わなくてはならないという法はありません。

つまり、ソフトの面でも、ハード(パソコンや携帯など)の面でも、この‘クラウド’時代というものを見逃すというか見過ごすわけにはいかないのです。

開発民俗学の心のひとつに、私は、「なんでもよいものは取り入れろ、使ってみろ」ということを考えています。これは人間のハイブリッド化、いや平たく言うと、なんでもありのいいとこ取りをするのは人間の習性でもあるし、それを否定してはいかんと思うのです。

ということで、私はこのクラウド(とそれがもたらす世界、パラダイムシフト)についても、頭の片隅に置くだけではなく、腰を据えて正面から取り組んでもよい‘開発民俗学’の課題だと考えます。

とりあえず、前口上はこんなところで。

ではでは^^?

|

« しばやんの棚卸し(その3) デスティニー(Destiny)ってか^^? | トップページ | ビジネス講座 「グローバルコミュニケーションと日本人~英語を母語とする人・しない人」 »

開発民俗学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101961/51886748

この記事へのトラックバック一覧です: ‘雲の上の人’になりたい!のかな? クラウド(コンピューティング)の可能性:

« しばやんの棚卸し(その3) デスティニー(Destiny)ってか^^? | トップページ | ビジネス講座 「グローバルコミュニケーションと日本人~英語を母語とする人・しない人」 »