« 恩師 竹田新先生の業績のページ @イスラーム地理書・旅行記勉強会 | トップページ | 10.生活支援と復興支援の違いと留意点について (続き) <外部者(異人)論 その2> »

2011年5月22日 (日)

期待しないこと。折り合いをつけること。

最近、身近な人と衝突することが多い。これは、自分が能動的に、いわば本来の自分を取り戻したからなのだが(まあ、ネコをかぶっていたわけではないのですが)、昔から出る杭はなんとやらで、突っ張っていて衝突も多かったわけだが、今回は、さすがに反省。

まず、期待しないこと。

たぶんお互いに分かり合えるとどこかで思っているからこそ、人に期待し、また期待されて叱咤されるわけであるが、自分は、‘人’に期待することを今後、一切、やめようと思う。

自分の思い通りにならないからこそ、くやしかったり怒れてくるわけであるが、それはそれ、自分は自分、人は人であり、その人(他人)の信念や信条、彼・彼女が本質というかコアに思うことは、その人以外では絶対にいじったり外部から変えることはできない。これは自分にとっても言えることで、人のモノサシで図られ、お前は‘本質がわかっていない’とか、つまりコアの部分を否定(全否定であれ、部分否定であれ)されることは、非常につらい。

だからこそ、自分に期待することはあっても、人様の生き様を否定とか批判することは、今後、絶対にやめようと思った。

あと、折り合いをつけるとは、つまり世知辛い自分の思うようにならない‘世の中’そのもの全てを受け入れるということ。

気に食わないあいつも大好きな人がいるのも、この‘世の中’であって、がばいばあちゃんではないが、「二、三人に嫌われても、反対を向けば一億人いる」のであって、二人や三人とぶつかっても、過剰に反応せず、それもよしというかありとする。

もうつまらないことで(お互いに)消耗しまいと心に誓います。

自分に厳しく、人にやさしく。って書いたら、急にブルーハーツを聴きたくなりました。

そうだ、人にやさしくなろう。

所詮、自分のくやしさもがんばりも他人にはわからないのであるから。
自分の‘コア’というか‘プライド’はオモテッツラしかみれない‘他人’にわかるわけがないし、そんな簡単にねじ伏せれれるほど‘ヤワ’なものではない。

自分を律することができるのは‘自分’だけです。
他人の言動が、その自分を見つめなおすきっかけになったとしても、変わるのは自分であり、それを教えてくれた‘他人’ではない。

人をどうこういう前に、いかに自分を高め、グレードアップさせていくのか。そちらの方に力をそそいだほうがよっぽどかまし。

ということで、今日も、「憎まれっ子、よにはびこる(※)」です。

ではでは^^?


※1 島田洋七 『がばいばあちゃんの笑顔で生きんしゃい!』 徳間文庫 2005 p102

※2 歩く仲間通信 2001年1月20日(日) を参照。非常に恥ずかしいエピソードです。リンクをみるのも面倒くさいので、一部、引用しておきましょう。

http://homepage1.nifty.com/arukunakama/d030018.htm

前略 

そういえば、数年前、会社の上司らと何かの雑談をしていたときのこと。

「そうそう、憎まれっ子世にはびこるっていいますやん。」(しばやん)

「???。。。 それはお前のことや!」

と、その場の全員から突っ込まれたしばやん。



うーん。いつもどこかで、ひとりで勝手に波風(ムーブメント)を起こしてきたような気が・・・。(下記<主な更新の「地球環境論」とその周辺>を参照)

地球環境論』とその周辺(大阪外国語大学1990年度講義)
http://homepage1.nifty.com/arukunakama/h000.htm


注:「憎まれっ子世に憚る(はばかる)」が正しいです。念のため。

-------------------- 引用終わり。

間違って引用しないようにしてくださいね。恥をかきますから。

ではでは^^?

|

« 恩師 竹田新先生の業績のページ @イスラーム地理書・旅行記勉強会 | トップページ | 10.生活支援と復興支援の違いと留意点について (続き) <外部者(異人)論 その2> »

近況報告いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101961/51742990

この記事へのトラックバック一覧です: 期待しないこと。折り合いをつけること。:

« 恩師 竹田新先生の業績のページ @イスラーム地理書・旅行記勉強会 | トップページ | 10.生活支援と復興支援の違いと留意点について (続き) <外部者(異人)論 その2> »