« イスラームの知の体系について<各論> | トップページ | 歩く仲間20周年を想う。 <その1> 「GET BACK」 編 »

2010年1月17日 (日)

【歩く仲間通信】年頭にあたって 阪神・淡路大震災そしてオウム事件から15年経ちました。

みなさん、明けましておめでとうございます。

柴田英知@愛知です。

今年の最初の歩く仲間通信です。既に年賀状やメールでご挨拶差し上げた方も
多いかと思いますが、今年もよろしくお願いいたします。

2010年 新年のご挨拶 しばやん@愛知 2010年1月1日
http://arukunakama.cocolog-nifty.com/life_i_love_you/2010/01/2010.html

さて、今日は阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)から15年目となります。

以前にもHPやブログでも触れていますが、当時、私はエジプトに出張中で、この事件は、上エジプトのアスワンのホテルで知りました。

ちょうど農業用フローティングポンプ場(ポンプを着けた台船を浮かべてナイル川の水位変動に対応した灌漑用水システムを構築するというシステム)のプロジェクトの据付検査で会社の先輩に同行してナイル川のいくつかのポンプ場をみてきて戻ったところホテルのロビーかどこかのテレビで繰り返し炎上する町並み(長田区?)の映像をみて、会社の先輩が兵庫の出身で、また同行の業者さんの本社や工場が京阪神にあり、私以外が関西に関連の深い人ばかりでとにかく日本に連絡がとれずに、みなパニックになっていたことを思い出します。

手元に残してある産経新聞の緊急増刊 神戸大震災のグラビア(1995年1月27日号)と、2001年2月2日に神戸に行ってフェニックスプラザ阪神・淡路大震災復興支援館でもらったパンフレットを読み直しています。

たしか震災直後の1995年の秋に、既に東京で働いていたのですが、何かの機会で関西に行った際に、JR元町駅から三ノ宮駅まで歩いたこと、普段、何の記録もつけていないと忘れてしまいがちなことですが、ブログやHPに書いていたことで自分で読み返して追体験する。

ところで、同年にオリックスが初Vやオウムサリン事件があったことなど、本当についつい日々の生活の中で忘れてしまう。

前より何度もいっていることですが、現場に足を運び肌身でその場を感じること、それは個人的な経験でしかないのかもしれないけど、現場だからこそ見えてくるもの感じること、それが未来への‘想像力’を鍛えると共に、人間への希望というか共感なども育てていく、そんなことを思います。

◆神戸にて思ったこと。   2001/02/26 (月)
http://homepage1.nifty.com/arukunakama/k008.htm

◆大阪・神戸に行ってきました。   2003/10/19 (日)
http://homepage1.nifty.com/arukunakama/k068.htm

◆語られない物語と創られた物語 2005年7月14日(木)
http://homepage1.nifty.com/arukunakama/blog012.htm

さて、今年の抱負はこちらに書いたとおりですが、特に、社外?生活で進展があればと思います。

◆2010年度の課題と目標 2010年1月 6日 (水)
http://arukunakama.cocolog-nifty.com/life_i_love_you/2010/01/2010-ffc6.html

特に、歩く仲間20周年のアニバーサリーイヤーになりますので、いろいろイベント
を企画しています。

4月18日(日) 午後1:30から午後3時まで 愛知県岡崎図書館交流プラザ りぶら 103会議室
「開発援助の現場から・・・国際協力の最前線(仮題)」  自主企画

5月9日(日) 時間未定  中央大学 日本中東学会年次大会
「援助現象と地域研究 ~ 開発民俗学の視点から(仮題)」 研究発表

7月から9月ごろ 東京 (企画中) 発表演題未定(多分下記の①)
「NGOカレッジ第5回 参加型開発とわたしたち 10周年記念シンポジウム(仮称)」

今年は、あまり欲張らずに下記の2つのテーマに沿って小論をまとめたいと思っています。

①外部からの介入であるフィールドワーク、ファシリテーションと、外部者と現場が向き合う創発の場であるワークショップ論、
②現場を生きる知恵としての複合生業(なりわい)論 ~ 個々人のライフサイクルと地域共同体の接点

①は、異人(まれびと)論、カタリストとしての外部者の役割論、②生業論は、生きるということを中心にすえた農業、漁業、狩猟ほか商業主体としての生存手段についての現状分析のフィールドワーク(方法)を鍛えることと同時に、より現実的な‘開発’の提案とはなにかということを考えてみたいと思っており、特に後者は、国内外の地域開発を考えるのに絶対に欠かせない視点(視角)となると私はにらんでいます。

開発民俗学については、ミクシイのコミュニティで主に書き込みをしていきますので、関心のある方はぜひ、お立ち寄りください。

◆開発民俗学 「地域共生の技法」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2498370
(ミクシイ会員でない方は登録が必要なので、ご連絡ください)

今年もよろしくお願いいたします。

おまけ^^?
龍馬伝が人気みたいなので、ちょっとこんな文章も書いてみました。

坂本龍馬といえば・・・海援隊(武田鉄矢)? 2010年1月 8日 (金) Life, I Love
You!より
http://arukunakama.cocolog-nifty.com/life_i_love_you/2010/01/post-5405.html

ではでは^^?

|

« イスラームの知の体系について<各論> | トップページ | 歩く仲間20周年を想う。 <その1> 「GET BACK」 編 »

開発民俗学」カテゴリの記事

コメント

Nカレ5回同期の拮石です。
10周年記念フォーラムですか!
国際協力から程遠いとこにいますができる範囲で協力したいと思います。
企画運営頑張って下さい。

投稿: 拮石哲男 | 2010年1月18日 (月) 09:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101961/47322825

この記事へのトラックバック一覧です: 【歩く仲間通信】年頭にあたって 阪神・淡路大震災そしてオウム事件から15年経ちました。:

« イスラームの知の体系について<各論> | トップページ | 歩く仲間20周年を想う。 <その1> 「GET BACK」 編 »