« Thanks for 10,000 counts! | トップページ | 夕日がとっても・・・。 »

2007年3月20日 (火)

仕事を‘させて‘いただくということ。

残され坊主というか、昨夜(深夜2時過ぎ)に自宅で残業をしていて、ふと思いついたこと。忘れないように書いておきたいと思います。

半分ぼーとしながら、プリンター・ファックス・コピーの俗にいう複合機でコピーを取りながらふと気が付きました。たしかに、毎日忙しいけど、仕事があるだけでもありがたいことだし、そもそも自分がフィリピンにいるのも、会社が自分の能力を信じて派遣しているだけのこと、考えてみたら自分が本当に適任(Right Person)であるかすら、誰にもわからない。自分より頭のいい人も性格のいい人もいっぱいいるし、まさにたまたまめぐり合わせて自分がここにいるのみ過ぎない。

そう考えたら、自分は仕事を‘している’のでもなく‘させられている’のでもない。仕事に選ばれて、仕事を‘させていただいている’という事実に気づかされました。

確かに、自分もさぼったり遊んでばかりいたわけでもない。でも、‘めぐり合わせ’というものは事実としてあります。

どんなに才能があっても能力があってもタイミングがあわないだけで、その真価を発揮できない。逆に、能力がなくてもどんどんチャンスを与えられて大きく育っていく人もいます。

いまつくづく思ったのは、どう考えても自分は後者だと。よくもまあ、上司や先輩が(大いにあきれつつも)、よくぞまあ暖かい眼で、こんなとろい人間に仕事を‘与えて’鍛えていただいたものだと。

いままで散々、ばかをやってきましたが、いいかげん小さな自己の価値観にこだわることから抜け出し、次のステップへと足を踏み出さなければなりません。

人が仕事を選ぶのではなく、仕事が人を選ぶ。仕事をつくれとよくいわれますが、仕事はやはり‘社会から’与えられるものであり、自分は、たまたまそこにいたというだけで、仕事を‘させていただく’存在でしかない。

社会も仕事も究極的には、人と人のつながりがそもそもの始まりで、仕事の向こうには、必ず誰か‘人’がいる。

天下の松下電器の松下幸之助翁の言葉に、確か「人間、かわいがられなくてはだめ」といった言葉があったことを思い出します。

仕事にも、人にもかわいがられる。これは安易に迎合するだけではなく、やっぱり、誰々でなくっちゃ。もっといえば、「僕でなくっちゃ」といわれるようなもの、たとえば信用とでもいえるものを築いていくことなのでしょう。

さて、仕事に嫌われないようように、もうひとがんばりしますか。

ではでは^^?

|

« Thanks for 10,000 counts! | トップページ | 夕日がとっても・・・。 »

近況報告いろいろ」カテゴリの記事

コメント

しばやん、異議あり。
仕事を’させていただいている’とは自分は思いません。仕事が自分を選ぶのではなくて、自分が仕事を選んでいると思います。

私も散々ばかをやってきて”いいかげん小さな自己の価値観にこだわることから抜け出し、次のステップへと”進まねば、と思っていますが、仕事はあくまでも選ぶものであると信じています。

次回のオフ会、そこらへんのところ話ませんか?

投稿: purun | 2007年3月20日 (火) 22:55

確かに正面きって突っ込まれると??とつかえてしまいます^^?

そうですね、確かに自分が仕事を選んでいるというか、まず自分を選ばれる場所に置くという作業は当然事前にあったというか準備はしていたとは思うのですが、実際にそのやりたい仕事をできるかどうかと、本人の能力は当然別物であるというところに自分は重点をおきたかったのですが・・・。

みなさんはどう思われますか?

って人に振ってもよくないのですよね。
オフ会、お手柔らかにお願いいたします^^!

投稿: しばやんです。 | 2007年3月21日 (水) 01:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101961/14325839

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事を‘させて‘いただくということ。:

« Thanks for 10,000 counts! | トップページ | 夕日がとっても・・・。 »