« 歩く仲間通信について  | トップページ | しばやんのお引っ越し »

2005年6月 9日 (木)

世界は、‘おばあちゃんの知恵袋を’を必要としている!

しばやんです。

実は最近、ちょっと謹慎中で、夜の外食を避けているのですが、そのかわりに家というか部屋で夕食を作ることが多くなりました。やっぱりフィリピンの食事は量が多く、しつこいものが多いので、確かに自分で作ったほうが気の利いたものができます。

別に料理をすることが嫌いな訳でもなく、ただキッチンがなかったりとか(昔の住処の話ですが)、一人分だけ作るのは後片づけが面倒だとか、適当に自分に言い訳をして今まで十数年間一人暮らしをしつつも、料理をせずに外食ばかりできたのですが、当然、健康にも悪いし(実際、悪くなっている)、やったらやったなりにそれなりに面白いものだと、遅ればせながら気がつきました。

誰かが、「料理は総合芸術だ」といったという話を思い出しましたが、確かに段取り、食材のきり方等、いろいろ研究の余地も多く、それもそうかなあと思います。

もう10数年前の話しですが、大学でヨット部をやっていたときは、毎週金曜日の夜から日曜日まで、ヨットハーバーで合宿していました。当然、1年から2年かもしかしたら、3年生まで、エッセン(これはドイツ語で食堂のこと)で飯炊き当番も順繰りでやっており、料理も作っていました。ただ、その時に、大人数で食事する楽しみに慣れてしまったので(一番多いときで20人くらい部員がおりました)、逆に、一人の食事がわびしいものに思えたのかもしれません。

ところで、食事を作ってみると、非常につまらないことでも経験がなくてわからないことがありますよね。

たとえば、最近、米虫がついてしまって、ふと虫をとりながら、一体、世の中の主婦の方々は、こんな場面に出くわしたときに、今までどうしてやってきたのだろう。 途上国はさることながら、日本でもほんの数十年までは、冷蔵庫も何もなかったはずだし、一体、食材を如何に保存していたのだろう。

絶対、いい方法があったはずだし、今でもあるはずだ。 ということで、ふと、「おばあちゃんの知恵袋」という言葉を思い出しました。

やり慣れていないことにチャレンジすると、いかに自分が何も知らないかがわかりますよね^^! 今日も自炊しよっと!

ではでは^^?

|

« 歩く仲間通信について  | トップページ | しばやんのお引っ越し »

近況報告いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101961/4483413

この記事へのトラックバック一覧です: 世界は、‘おばあちゃんの知恵袋を’を必要としている!:

« 歩く仲間通信について  | トップページ | しばやんのお引っ越し »