« 1990年代の知の世界 | トップページ | ダンベル体操始めました。 »

2005年5月 2日 (月)

いよいよ5月です。

日本では、ゴールデンウィークに突入しているかと思いますが、皆様いかがお過ごしですか。

さて、フィリピンでも尼崎のJRの電車事故の件は、大変なニュースになっています。マニラでは、ケーブルテレビでNHKの衛星放送が見れるので、NHKニュースは結構なにげに見てしまいます。

自分自身、大阪で大学時代を過ごしたこともあり、とても他人事とは思えません。

しかし、まあ、なんでこんなことがと思うのですが、いったい日本はどうなってしまったのでしょうか。‘日本は’と限定する必要はないかもしれませんが・・・。

十分、情報収集と分析をしたわけではないのですが、世の中、総じてゆとりというは遊びがなくなってきている気がします。遊びというのは、たとえば車のハンドルのようなガタツキというか糊しろというか切りしろというか、その意味での遊びです。

以前、「狭い日本、そんなに急いでどこにいく」という広告がはやったのを覚えていませんか。かれこれ、20年までになるかもしれませんが^^?

まだまだ事故に遭われて重態の方もいらっしゃいますし、多くの方が突然、肉親を亡くして悲しみに明け暮れている時点で、軽軽しいことをいうつもりはありませんが、なぜ、こんな事故が起こるのか、その根は深いようでいて、結構、同じ原因があるような気がしてなりません。日本に限らず、世界中の問題が、なにか同じ根っこを抱えているような気がしませんか。

どうも日本だけでもなくて、世界中が狂っているような。

おっと、投げ出すことは簡単ですが、自分の問題として、どこまで向き合っていけるのか、そして同じような過ちを繰り返さないために、どうすればよいのか。投げ出さずに考えていきたいですね。

しばやん@マニラは連休じゃない!でした。

|

« 1990年代の知の世界 | トップページ | ダンベル体操始めました。 »

近況報告いろいろ」カテゴリの記事

コメント

しばやんさん、こんにちわ。かな@ひょうごです。マニラでも事故のことはニュースになっているようですね。実は福知山線は私が毎日使っている路線で、被害者の方に知り合いはいなかったものの、市内の方も多く犠牲になっており、いまだ宝塚~大阪間は運行が見合わされているので、まさに身近な人災、到底人事とは思えませんでした。速さにこだわる過密ダイヤが原因の一つと言われていますが、フィリピンで暮らすといかに日本が時間に追われて生活しているかそのあまりの差に驚きますよね。日本人は90日ごとに全く変わってしまう気候の下、稲作をするために「時間」に追われるようになったと、と先日本で読みましたが、どう思いますか?私は日本人特有の気質としてのろまはいけない、時間は限られているのだからという考え方は悪くないと思うのですが、やっぱり「時間」に追い迫られ殺されるのは異常だと思います。

投稿: kana | 2005年5月 7日 (土) 23:49

かなさま

書き込みありがとうございます。本当に、フィリピンにいると「フィリピンタイム」といって、遅れるのがあたりまえ!?という環境ですからね^^?(これは、フィリピンの日本人社会では通用しないようです。ある勉強会に遅れていったら、「フィリピンタイムじゃないから!」と怒られました。

さて、この電車のタイムの話に戻すと、はっきりいって、これは太平洋ベルトの大都市部だけの話だと思います。大学時代に九州を旅行しましたが、だいたい田舎って、電車が1時間に上りも下りも一本づつあればいいほうという地方はいくらでもあります。そんなところは、えてして駅と駅の距離が果てしなく長いです。つまりちょっとばかり遅れても十分簡単に挽回できてしまうというか・・・。
日本を語る際に、どうも東京か都会が尺度になりすぎていると思いませんか。東京発だけでない地方のニュースをもっと身近に‘都会’の人たちや海外のニュースで取り上げられたりすると、日本もまだまだ捨てたものではないと思えるんじゃないかなと思います。

ちょっと、脱線してしまったけど。(別にしゃれのつもりはありませんが。)

ではでは^^1

投稿: しばやん | 2005年5月 8日 (日) 21:58

そうですね。田舎と都会の差の大きさ、最近よく感じます。田舎発の情報にいろんな付加価値がつけば、しばやんさんのおっしゃることも可能でしょうね。今流行のスローライフとか。今日は母の日で、テレビの特番で渡瀬街道の運転士に毎日差し入れ弁当を作るおばちゃんの話がありました。母と一緒に見ていて、感動的なストーリーに田舎の自然の背景の演出が加わって素敵でした。

投稿: かな | 2005年5月 8日 (日) 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101961/3942585

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ5月です。:

« 1990年代の知の世界 | トップページ | ダンベル体操始めました。 »